【競馬】日本ダービーの思い出-1986年のグランパズドリーム



f:id:castlepeak37:20200531103016j:plain

1994年の日本ダービー入場券。前売入場券でした。

今日は競馬の日本ダービー(東京優駿)の日です。
今年は新型コロナの影響で無観客での施行となりますが、3歳馬の頂点を決める非常に重要な、そして権威あるレースであると思います。

ところで、私自身、結構競馬に嵌っていた事がありました。時期で言うと1985年から2000年位でしょう。それ以降は今年引退した四位騎手をデビュー時からずっと応援したので、彼が騎乗するレースを見る位でした。

1986年の日本ダービー

実はダービーと言ってもそんなに気合が入るレースではありませんでした。むしろ、クラスで言うと「オープン特別」(今はリステット競走とも言うらしいですが)やダート競走の方が好きでしたから。
※JRAでの2000mフルダートのレースを見てみたいです。府中の2100mはちょっと?です。

その中で今でも印象に残っている1頭は

グランパズドリーム(1986年ダービー2着馬)

でしょうか。

この当時というのは4歳(当時の年齢です)の2000メートル以上のレース自体がかなり少ない状態でした。その中で2200mの若葉賞、2400mの青葉賞共に2着。しかし、この様な長距離戦での先行してからの粘りはちょっと注目すべき感じでした。そしてダービー自体どちらかというとスローペース、最後の上がり勝負という傾向が多いので、それならこのレース内容なら十分通用するのでは、そして本番では当時の実力ジョッキー(T騎手とします。刑事被告人になってしまったので)に乗り替わり。きっと思い切った何かをしてくれるのではという期待値もありました。
レースがスタート、何と中段よりやや後方でのレースとなってしまいました。馬の行く気に任せたのか、それともジョッキーが控える作戦に出たかはわかりません。ただ、内内のポジションはキープしていました。
この状態で最後の4コーナー。ここで内がポッカリと空いてしまいました。ここから追い出し。この部分の芝自体そんなに痛んでなかったのか、グングンと伸びてきて、最後の1ハロンでは先頭に立つ勢いでした。
最後は勝ったダイナガリバーの末脚が勝り、1/2馬身差の2着となりましたが、これまでの低評価を十分に覆す内容だったのではないでしょうか。そして三冠最後の菊花賞も十分有力になると思ったのですが、残念ながら故障発生。そのまま種牡馬として引退となりました。ただ、血統的に地味だったのか、産駒で活躍したのはありませんでした。
グランパズドリーム=おじいさんの夢。このおじいさんの意味には諸説ある様ですが、夢は十分にかなえてくれたと思います。

この時のレースです。

※最後の最後でやっと馬名が出てきました。実況も外中心に見ていたのでしょうね。

この他に思い出があるのは

あとはちょっと良い思いをさせてくれたのが
・フサイチコンコルド(1996年ダービー馬)=この馬を頭として3点勝負しました。
いつも馬券は単複中心ですが、この時は馬連も買いました。馬券のコピーが残っていました。

f:id:castlepeak37:20200531114828j:plain

フサイチコンコルドからダンスインザダーク、イシノサンデー、ロイヤルタッチに流しています。結果、3-13で34倍の払い戻しとなりました。今こうやってみると理想的な配分をしていますね。そしてWINS浅草で買っていたのですね。昨年末に浅草行った時にこの場外の近くに行きましたが、この当時とは別世界の様な感じがしました(笑)

もう一頭。
こちらは残念ながらダービーには故障の為出走できなかったのですが、2005年の京都新聞杯2着のコメディアデアルテ
最後の直線のキレは凄いものがありました。結局、ダービー2着馬となるインティライミとの叩き合いで残念ながら鼻差の2着となりましたが、もし、無事にダービーに出走できていたらこの末脚が府中の長い直線で生きたのではないかと思います。そしてこの年のダービー馬、ディープインパクトにも迫れた「かも」知れません。
と、いう事でこの年のダービーは3着のシックスセンスの複勝馬券で勝負していましたw

※コメディアデアルテはその後1年の休養後、京都での自己条件のダート特別戦で復帰しましたが、16頭立てで14着と惨敗、そのまま引退となりましたが、どうしてこの様なレースで復帰させたのか今でも疑問です。

さて、今年のダービーは

今年のダービーの発走まで3時間ちょっととなりました。
せっかくこの様な事を書いたので、ちょっと馬柱を見ました。
7枠13番のディープボンドが面白そうですね。

とにかく全馬が事故なく、無事にレースを終えて欲しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
---------
■はてなブログユーザーの方は読者登録できます
↓のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!

■twitterで更新情報や日々のごはんの記録などつぶやいています