旅と日々の雑記帳

旅・写真・食べ歩きの事を中心に

【搭乗記】ANA1693便、新千歳-那覇線を利用しました


【スポンサーリンク】

先週末ですが、国内線最長距離便のANA1693便を利用して沖縄に行ってきました。

妻と二人での1泊2日、弾丸観光旅行です。

ちなみに、いわゆる「修行」ではありません。そもそもSFC自体全く興味もありませんので(笑)

自宅を出る時は雪模様。もちろん氷点下の気温。高速道路利用の空港連絡バスに乗って空港へという流れでした。が、バスに乗るや否や運転手さんから、高速道路で事故があって、空港までの所要時間がかなりかかりそうとの事。私の方は結構余裕をもっていたので、そのまま乗っていましたが、とにかく何があるかわからないので、空港には余裕を持ってというのが鉄則ですね。

この国内最長距離便、当日は予約でほぼ満席、新千歳3番ゲートからの搭乗でした。3番ゲート付近はまだ工事をしているので結構手狭感があります。

f:id:castlepeak37:20171218210003j:image

そして搭乗、着席。座席から機外で行われている離陸前のディアイシングを眺め、その後飛行機は誘導路から滑走路へ移動、そして離陸しました。北風運用なので、離陸後大きく旋回、新千歳空港を真下に見ながら南へと飛行していきました。支笏湖上空を航行したのにはちょっと意外でしたが。

この旅行が決まってから、妻と良く話していたのが、「4時間何をして過ごそうか」でした。やれ本を読むとか、音楽聞くとか、ダウンロードしたビデオを見るとか…

が、搭乗直前にこの問題があっさり解決しました。WiFi対応機だったのです。いつも思うのですが、各便のWiFi対応を明示しないのはちょっとどうなのかなぁと思いますよ、ANAさん。

早速、WiFi接続の手続きをしました。もちろん、搭乗時間全てに使える1000円のコース。私はANAマイルで、妻はマイルが足りないのでクレジットカードでの支払いとしました。4時間で1000円というのは結構コスパが良いかも知れません。最長路線一つのメリットでしょうか(笑)ただ、無料であるのが一番だと思うのですが、そこの所は今後どうするのでしょうね。

f:id:castlepeak37:20171218210052j:image

飛行してしばらくして、強力な向かい風の為、30分程度到着が遅れるというアナウンスがありましたが、それ以外は順調な航行でした。ちょうど鹿児島上空を通過していた時に、はるか右手に平行に航行している飛行機2機が青空の中、はっきり見えました。早速FR24でチェックした所、その内の1機は来年搭乗予定の飛行機で、何か嬉しくなりました。

f:id:castlepeak37:20171218210804j:image

ただ、下の方を見ると全般に曇り空で地上はほとんど見られませんでしたが(笑)

機内サービスも飲み物のサービスが1回あって、それで終わり。何か淡々としている、そういう感じもしました。それと4時間の間のお手洗いの問題。私は真ん中、妻は窓側でしたが、通路側の人が深い眠りについていたらどうしようって思いますよね。使用機はB737-800でしたが、通路1本の3X3シートはこういう時に結構プレッシャーかかります(笑)。結局、二人とも水分摂取を調整して何とか持ちこたえました。簡単にロイズのパンは食べましたけど。

と、いうことで全く座席から動かずに4時間30分を過ごしたのですが、このさほど広くないシートピッチでも意外な事に腰とかお尻などの痛みはほとんどありませんでした。妻も同様で、二人で話したのは、いつもなら前方座席のシート下にリュックやショルダーを入れていたのを(荷物入れに物を入れるのが嫌なので)、今回は機内持ち込みを出来るだけ少なくして、足を伸ばすスペースを確保したというのが良かったのではという事でした。後はサンダルに履き替えた事でしょうか。(プレミアムクラスなら備え付けられているのですけどね)

そうこうしている内に、機体は徐々に高度を下げて那覇空港に到着しました。結局遅れは取り戻せず、約30分の遅れでの到着です。

f:id:castlepeak37:20171218210218j:image

当たり前ですが、上空から見ても雪はありません。土の地面と緑が見えます(笑)

上空の雲の質感もいつも札幌で見るそれとはちょっと違う感じがします。

到着ロビーに着いて、気温差約20度。そして15時半過ぎてもまだ日が高くて明るい(この時期の札幌は15時半過ぎるとだんだん薄暗くなってきます)。本当に南北の差が実感できるフライトでした。

 

(ついでに)

帰りは翌日のANA1694便、那覇-新千歳でしたが、ちょっと気になって「優先搭乗」される人たちがどれだけいるか数えてみました。結果は30余名。この便もB737-800。定員の167人、ほぼ満席でした。それから見ると2割位の人が優先搭乗(言い換えればほとんどがダイヤモンドクラブやSFCの人たちでしょう)というのは路線から見ると高いのでしょうか、低いのでしょうか?

今後、この率が高くなって、優先搭乗の為の長蛇の列が…というふうになったら、優先搭乗のメリットというのも薄れてくるかも知れないですね。

 

-- ここからは毒吐きます。あとで削除するかも(笑) -- 

この便を利用していた●●Cと●●Hに座っていた男二人組(●●は同じ数字)。4時間半ずっと通路を挟んでの会話。その声の大きさとHに座っていた男のマナーの悪さ。そんなに会話したかったら通路越しでは無く、普通に連席取れば良いじゃ無いの。連席だったらそんなに大声出さなくても聞こえるじゃない。おまけにHに座っていた男が半身で通路側に向くものだから、CAさんがここを通る度に「すみません」と言っていたのをどう思っていたのだろうか。更にHに座っていた男、着陸態勢に入って席の安全確認しているCAさん捕まえて世間話は無いでしょう。妙に飛行機通ぶった会話をしていたけど、通だったらこういう事は絶対にしない。非常識も甚だしい。これでこのCAさんはチーフのCAさんに注意されていたんですよ。ちなみにこの男二人組、翌日の復路の便にも同じ座席に座って搭乗していました。気になったのが往復ともに、この男二人組の隣席は一席づつ空席だったのですね。(両便とも満席だったのですが)もしかしてブロックかけたのでしょうか。と、いう事は上級会員? もっと書きたいけど何かイライラしてきたのでここまでw