旅と日々の雑記帳

旅・写真・食べ歩きの事を中心に

【搭乗記】JAL805便 成田→台北 エコノミークラス。意外と楽だったB737-800のシート (2018.5.3)


【スポンサーリンク】

今年のGWの台湾旅行、今回はJALを利用しました。ルートは往路が新千歳ー成田ー台北。復路が台北ー関西ー新千歳で、都合4回の搭乗となりました。
その4回の搭乗から今回は成田ー台北を紹介します。

この日の搭乗ゲートは67A。かなり端でした。搭乗まではサクララウンジでくつろいでいたのですが、そこから結構距離があるように感じました。
この搭乗ゲートは2Fだったのですが、このゲート付近にはお手洗いがありませんでした。従って、一度3Fに上がらないとならないというのがちょっと不便でした。

f:id:castlepeak37:20180520050618j:plain

そして搭乗、強風の影響で離陸が遅れてしまいました。ふと窓から外を見ると、次に離陸するSQのB777-300が待っていました。本当はこちらの方が先なのですが。

f:id:castlepeak37:20180520050902j:plain

強風の影響でかなり激しい横揺れをしながらの離陸。こういう離陸は初めてかも知れません。
高度も上昇して、安定飛行になってからほどなく食事のサービス。この日はこういう内容でした。

f:id:castlepeak37:20180520051244j:plain

ワンプレートで、メインは佐賀の豚丼でした。結構美味しくいただきました。搭乗前にはラウンジでカレーを食べていたのですが、にも関わらず完食しました。別腹の世界ですね(笑)
あとはフライトマップを見ながらやお昼寝したりでのんびりしていました。ちなみに下界は鹿児島当たりでちょっと見えた程度でした。

f:id:castlepeak37:20180520051904j:plain

そうして無事に台北、桃園空港に到着しました。30分程度の遅れでした。思ったより暑くなかったです。

f:id:castlepeak37:20180520052147j:plain

 今回の機体はB737-800でした。実は昨年ANAの同じ機体で新千歳ー沖縄間を利用したのですが、その時の手狭感がどうも気になっていて、今回はどうなのだろうかと思っていました。
実際に利用してみて感じたのは、以外とそうでも無かったという事です。

f:id:castlepeak37:20180520052928j:plain

私は身長175センチですが、体感的に前席との余裕があるように感じます。嫁も「思ったより狭く感じないね」という感想でした。そしてこの簡易的なフットレストが結構役にたちました。おかげで途中で「足痛い」とか「腰痛い」がありませんでしたから。さすがにこの辺は国際線仕様です。せめてANAの新千歳ー沖縄もこういう機体にしてくれれば良いのですけどね(成田ー台北より飛行時間が長いのです)
いずれにしても以外と楽に感じたエコノミークラスのシートでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。