旅と日々の雑記帳

旅・写真・食べ歩きの事を中心に

【チャイナエアライン】チャイナエアラインのビジネスクラス、食事事前予約サービスを利用しました。高雄→新千歳のメニューが非常に気になります。


【スポンサーリンク】

f:id:castlepeak37:20180521201530j:plain

来月の香港旅行でチャイナエアラインを利用します。
利用するクラスはビジネスで、同クラスの利用特典の一つに「食事の事前予約サービス」というのがあります。搭乗日から逆算して予約可能の日が来たので、早速利用してみました。

メニュー選択を行うには

利用は公式サイトから「機内食」のページに行き、下部にある予約番号と姓名の入力を行います。

e-Menu_E-メニュー

私の場合、こういう画面になりました。

f:id:castlepeak37:20180628165758j:plain

往路、復路含めて4回搭乗するのですが、予約可能なのが往路の新千歳ー台北(桃園)、復路の高雄ー新千歳間でした。台北→香港と香港→高雄の便では予約ができない状態になっています。

この件については公式サイト中に記述がありました。

f:id:castlepeak37:20180628170451j:plain

システム及び運営上の都合なんですね。両路線ともメニューが一つとは考えにくいので搭乗してからのお楽しみになりそうです。

新千歳→台北(桃園)のメニュー

まずは往路、新千歳→台北のメニューです

f:id:castlepeak37:20180628170948j:plain

一応、「夕食(ディナー)」となっています。3つから選べる事になっています。
Aがチキン系、Bがビーフ系、Cがフィッシュ系ですね。ただ、文字だけしかも英語ではちょっとイメージつかみにくいですね(笑)
ここは無難に「B」を選択しました。
そういえば、数日前の北海道新聞に新千歳空港発国際線14社の機内食を作っている、苫小牧のホテルニュー王子の機内食事業部が記事になっていました。このA、B、Cもきっとここで作られているのでしょうね。

高雄→新千歳のメニュー

f:id:castlepeak37:20180628171447j:plain

こちらは「軽食」ですね。Bがチキン系、Cがフィッシュ系です。問題はAです。Taiwanese Railway Bentoって「臺鐵便當」の事ですよね。ひょっとしたら「排骨便當」が出てくるのでしょうか。CAさんが駅弁のパッケージを持ってきて、それをテーブルの上にポンと置く。まさかビジネスでそれはないでしょうね(笑)
いずれにしても、めちゃくちゃ興味が出てきたのでこの「A」を選択しました。

一応、これで食事の予約も終えました。後はどの様なものが出てくるのか、楽しみですね。尚、このメニューは9月30日まで有効と書かれていました。

※今回は公式サイトを利用しましたが、同社のアプリからも同様の予約サービスが利用できます。

ちょっと話はそれますが

この旅行で気になっているのは、特に復路での乗り継ぎが上手くいかず、高雄から万が一、帰ってこられなくなった場合です。帰国した翌日からは仕事ですから。
もう、その時はその時と思うしかないのかもしれないのですが、先日、FR24を見ていたところ、香港ー高雄のCI934と高雄ー新千歳のCI134は同一(同レジ)の機体を利用している事がわかりました。つまり、香港から高雄に来た機体がそのまま今度は同一日の高雄ー新千歳間に運用されるという事です。そうなると仮に香港で出発が遅れ、高雄への到着が遅れても高雄ー新千歳間は「使用機到着遅れ」で運行されるという事になると思われます。
ひとまず、遅れても新千歳までの足は確保されたと思いたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※この旅行のチケットを発券した時の話です 

www.tabizakki.com