旅と日々の雑記帳

旅・写真・食べ歩き・ランニングの事を中心に

JWマリオット香港からのメール


【スポンサーリンク】

f:id:castlepeak37:20180701213653j:plain

本日、香港のJWマリオットからメールがきました。
実は予定している香港旅行の2泊目がこのJWマリオット香港なのです。

これにはちょっとした理由がありまして、1988年に香港に行った際、ちょうど金鐘にPacific Place(太古廣場)がオープンしていました。新しいもの見たさにここに行った時、ここに併設されているこのJWマリオットとコンラッド香港を見て「すごいなぁ~」と思いました。まさにこの当時は「そびえ立っている」という感じでしたから。そして「ここに泊まる人たちは凄いのだろうなぁ」とも思い、この2つのホテルを眺めていたのでした。

それから月日が流れ、この18年振りの香港旅行でこのささやかな夢(?)を実現してみようと思ったのです。ちなみに次は嫁と一緒に行こうと思っていますので、その時はコンラッドにしようと思っています。ヒルトンのステータスがゴールドのうちにw

話を戻して、このJWマリオット香港からのメールですが、差出人はExecutive Floor Officerの肩書の方でした。
内容は、
・マリオットリワードメンバーとして当ホテルを予約してくれた事に感謝します
・滞在中、何か希望する事があれば遠慮なく申し付けて欲しい
・チェックイン時にはモバイルチェックインを利用して欲しい

大雑把にいうとこういう感じです。ここまではある意味事務的と言えば事務的ですね。

そしてその先を読んでいくと、ちょっと興味深い事が書かれていました。
ざっくり言うと、「あなたの旅行を快適にする為に、6月21日より新しくなったレベル5のJWエグゼクティブラウンジを利用して欲しい」という事でした。

マリオットの私のステータスはゴールドエリートなので、ラウンジのアクセスは可能なのですが、先月中旬に新しくなったラウンジが使えるというのは非常に楽しみですね。”all-day refreshments”だそうですから。そしてこの「レベル5」という表現も非常に気になります。マリオットのラウンジには「レベル」があるのかなって思ってしまいますが、どうなのでしょう。

この後にはラウンジを利用するにあたってのお願い事が書かれていました。これは12歳未満の子供の利用に関してでした。ちょっときつい表現もあったので、この辺はかなり厳格なのかもしれません(あくまでも推測ですが)

そして最後は部屋のアップグレードに関してでした。アップグレード先はエグゼクティブルームかスイートルームらしいのですが、この件については「全力で努力するが、実現できなかった場合はその事実を受け入れて欲しい」という事でした。
これは私自身いつも「アップグレードされたらラッキー」という程度の認識ですので、どちらでもという感じです。「全力で努力」というのがどうなるのでしょうか(笑)

いずれにしてもラウンジを改装(?)していた事と、その改装間もない、新しい「レベル5」のラウンジが使えるという事がわかったのは、また楽しみが増えた感じがします。

本当にホテルから直接こういうメールをもらうと嬉しくなりますね。ちなみに1泊目もマリオット系列のホテルなのですが、こちらからこの種のメールは来ていません…

最後までお読みいただきありがとうございました。