旅と日々の雑記帳

旅・写真・食べ歩きの事を中心に

【宿泊記】香港スカイシティ・マリオットホテル。とても良いサービスの数々で快適な宿泊でした。


【スポンサーリンク】

f:id:castlepeak37:20180716150802j:plain

今回の香港旅行の1泊目は空港に近い、香港スカイシティ・マリオットホテルにしました。
理由は
・香港到着が遅い
・翌日の午前中は空港周辺で飛行機撮影
この2つが大きな理由でした。空港周辺には空港と直結した大きなホテルがありますが、ここはマリオットのゴールドエリート会員という事で(もちろんSPGアメックスからのステイタスマッチです)。

空港からホテルの部屋まで直行できました

実は到着の数日前に同ホテルからメールが来て、予約の再確認と到着時のアクセスについてでした。
その中に、利用飛行機の便名と到着時間を教えて欲しいという一文があったので、これは直ぐに返信をし、了解した旨のメールも来ました。

最初のメールで、到着したらホテルサービスカウンターのB05に来て欲しいと書かれていたので、まずはそこへ向かいました。ちょうどB到着口の真っ正面でした。このエリアは各種ホテルのサービスカウンターになっていて、マリオットグループがこのB05のカウンターを使用しているようでした。

f:id:castlepeak37:20180716151617p:plain

B05のカウンターに着きました。カウンターの後ろにはマリオットグループのロゴがあったので直ぐにわかりました。カウンターでは名前と利用するホテルを告げ、確認した後にパスポートの提示を求められました。その後、スタッフの人が「そこのベンチで待っていてくれ」というので、そこで待っていました。数分後、スタッフの人が来て「案内するから一緒に来て欲しい」という事になり、彼の後ろをついて行きました。ちなみに荷物はその係員の人が持ってくれました。私はここからホテルー空港の連絡バス乗り場に誘導してくれるかなと思っていたのですが、どうも雰囲気が違います。そして1階の出口らしい所に到着し、自動ドアを開けると黒塗りのワゴン車が1台止まっていて、これに乗ってホテルへ行きますと言われ、言われるままに乗車しました。どうやら、専用車での送迎だったのですね。車の中はもちろん私一人でした(笑)

出発して数分、ホテルの前に到着しました。降りると否や、目の前に女性スタッフが一人。私の名前を確認して、自己紹介の後、部屋に案内しますと。その際にモバイルチェックインが済んでいるので、カウンターでの手続きは行いませんとも言われました。実は新千歳を出る前にモバイルチェックインを済ませておいたのですが、ここでその効果があったと感じました。その時のカウンターは多数の人でしたから(意外と1階ロビーは広くありませんでした)

今度はこの女性スタッフの後をついて歩くことになりました。非常に聞きやすい英語を話してくれたので助かりました。エレベーターはカード式だったので、その使い方などを教えてもらいながらアサインされた12階の部屋に到着しました。この12階にはエグゼクティブラウンジがあり、自由に使って欲しいとも言われました。そして部屋に入室。ここでルームカードの受領や、デポジットカードの確認、その他の確認事項など、チェックインに必要な事を部屋の中で行うという事になったのです。

空港に到着して、まさにDoor to Door。そんな感じがしました。
正直、このサービスにはびっくりしましたし、感謝する限りでした。特に送迎車はありがたかったです。ちなみに後で知ったのですが、この女性は同日のエグゼクティブラウンジのスタッフでした。

お部屋の中は

ここからは写真中心です。

メッセージとウエルカムギフト。お茶はあのTea WGでした。ただ、中のティーパックはコットンでは無く、ナイロンでしたが。(2泊目のJWマリオット香港もこのTea WGがありました)

f:id:castlepeak37:20180716172923j:plain

フルーツもありました。

f:id:castlepeak37:20180716173636j:plain

ルームカード。リワードメンバー仕様です。

f:id:castlepeak37:20180716173727j:plain

テーブル。プラグ変換器も1個ありました。

f:id:castlepeak37:20180716173901j:plain

ソファ

f:id:castlepeak37:20180716173928j:plain

ベッド。ターンサービスの方が書かれた明日の天気などが書かれたメッセージカードが置かれていました。

f:id:castlepeak37:20180716174101j:plain

アメニティ

f:id:castlepeak37:20180716204324j:plain

バスルーム。独立したシャワーブースはありませんでした。

f:id:castlepeak37:20180716204431j:plain

部屋からの飛行機の眺め

実は、今回の宿泊に際して、「もし可能であれば」という事で飛行機の見える部屋をリクエストしました。その時の返事は「出来るだけの事をする」ということでした。まぁ、リワードポイントで宿泊している身だから上手くいけばラッキーって思いでしたが。

早速カーテンを開けて見ました。

f:id:castlepeak37:20180716204950j:plain

この写真は翌日撮ったものですが、もうバッチリです。ちなみに防音はしっかりされていましたので、音とかは気になりませんでした。夜はこの誘導灯が流れるように点滅し、その上を着陸する飛行機が見えて、まさにたまらない環境でした。

実はチェックイン時に部屋のアップグレードについては説明は無かったのですが、これがアップグレードなのだなぁと非常に感謝しつつ思いました。

※今回は滑走路の運用がこの様に向かって右側から着陸するものですが、風向きや時間に寄ってはこの逆の運用になる事があります。それは事前に判る事ではありません。逆の運用になった場合はここから見えるのは離陸時になり、部屋から見てもかなり高度が高くなっている状態なのではないかと思います。そうなると見え方もちょっと期待外れになる可能性があります。また、香港国際空港は滑走路が2本ですので、何かの都合でこの滑走路が運用しない場合もあります。従っていつも部屋からこの写真の様な状態で飛行機を見ることは出来ないという事は十分にお含みおき下さい。

全体的にスタッフの対応も良く、そして笑顔も多く、とても気持ちよく宿泊する事が出来ました。
何しろ、空港到着してカウンターからのサービス。これは本当に良かったです。
次に香港に行った時、1泊はこのホテルを組み込みたいなと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※この時は妙に日本人客が多かったです。

www.tabizakki.com

※その後に宿泊したJWマリオット香港での宿泊記です。

 

www.tabizakki.com