旅の雑記帳

旅と写真と食べ歩き。時々自然の写真や日々の事なども。

【カメラのお話】Sony DSC-RX10M4の全画素超解像ズームで月を撮ってみました

【スポンサーリンク】

Moon

今、自宅(札幌)から見えているお月さまを撮ってみました。
今の気温は17度位。北風がちょっと強いので、半袖でベランダにいるとブルッときます。

撮影に使用したのはソニーのサイバーショット、DSC-RX10M4です。これに搭載されている「全画素超解像ズーム」を使用しました。このズーム、光学ズームの範囲を超えても画質がほとんど劣化しないというものです。この機種の光学ズームでは35mm換算で焦点距離600mmが最大値です。
今回撮影したこの月の写真は35mm換算で焦点距離1200mmです。

それ以外の設定は f/6.3 ISO400 1/400です。この写真はいわゆる「jpeg撮って出し」ですので、一切の加工(トリミング含む)はしておりません。

この状態でもクレーターがはっきり見えています。この写真をクリックすると私のFlickrにジャンプしますが、ここで拡大表示するともっとリアルな感じで見られると思います。

今日、初めてこの機能を使ってみましたが、この焦点距離での描写は素晴らしいですね。例えば野鳥やエゾリス、そしてキタキツネなど、つまり近づきたいけど近寄れないという場合、どういう風な感じで撮れるのか、ちょっと積極的に使って見たくなりますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※このカメラのバッテリーについてです。

www.tabizakki.com

※このカメラを導入したいきさつです。

 

www.tabizakki.com