旅と日々の雑記帳

旅・写真・食べ歩きの事を中心に

【そういう仕様とは】Apple Watch Series 3のナイトスタンドモード


【スポンサーリンク】

先週、東京へ行った際にApple Watch Series 3を購入しました。38mmのナイキモデルです。
札幌でも買えるのですが、旅に出るとついつい財布のヒモも緩みがちになりますものね(言い訳w)

この時計の便利さは様々な所で伝えられているので、ここでは触れませんが、個人的に一つ気にしていたのが充電時の時計表示機能(ナイトスタンドモード)です。

f:id:castlepeak37:20180826113807j:plain

これならちょっとした置き時計にも使えるかなと思って、充電スタンドも購入してセットしました。
するとこの表示、数秒で消えてしまうのですね。
ナイトスタンドモードに関する設定は一つしか無く、ONにするか否かです。充電時常時点灯に関する設定は見当たりません。

そこでAppleのサポートページを見たところ

画面を点灯させるには、画面をタップするか、Digital Crown やサイドボタンを押すか、または Apple Watch を軽くつつきます。Apple Watch を置いてあるテーブルをつついたり叩いたりするだけでも、反応するかもしれません。

Apple Watch のナイトスタンドモードを使う - Apple サポート

という記述があり、どこにも充電時常時点灯というのはありません。
つまり、ナイトスタンドモードは常時画面点灯ではなく、画面をタップして時間(アラーム)を表示させるというものなのですね。

これで置き時計として使えるかなと考えは失敗。ちょっと残念でした。

かれこれ一週間使いましたが、このナイトスタンドモードの件を割り引いてもとても便利な時計である事は間違えないです。

スタンドについて

今回購入したスタンドはspigenのスタンドです。ナイトスタンドモード対応で、アジャスターを使用する事により、38mmと42mm共用となっています。スタンド底部が低粘着となっていて、置いた時の安定度が高いです。

このスタンドにAndroid WearのMotorora moto360 (2nd GEN)を置いてみました。
moto360はワイヤレス充電を採用しているので、ひょっとしたらApple watchの充電器も使えるのかなとも思いました。

f:id:castlepeak37:20180826120828j:plain

Apple Watchが38mmなので、アジャスターを使用していますが、見た感じ全く違和感無いです。
そしてしっかりと充電され、充電時の時計表示もされています。moto360の方はちゃんと専用(純正)の充電スタンドがあるのですが、それのバックアップとしても使えそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。