【レビュー】レコルテのプレスサンドメーカーを買いました



我が家の朝食はほとんどがパン食です。
角食(北海道の表現ですが)をトーストするのが多いです。そして何かを乗せてトーストとか塗るとか。

もうこのスタイルは10年以上続いていて、相方とそろそろ目先の変わった事がしたいねと話していた時に札幌のロフトであるものを見かけました。

それはプレスサンド(ホットサンド)メーカーでした。

これはという事で購入を決定。我が家に来たのは

レコルテ プレスサンドメーカー「Plaid」

でした。

選んだのは相方でしたが、デザイン重視だった様です(笑)

外観は

早速箱から出してみました。

f:id:castlepeak37:20210130172428j:plain

全体です。

f:id:castlepeak37:20210130172459j:plain

ロゴの部分です。右に見えるのは余熱中に点灯するランプです。

f:id:castlepeak37:20210130172613j:plain

パンを乗せる部分です。

f:id:castlepeak37:20210130172707j:plain

側面です。電源スイッチがあります。

非常にシンプルな作りとなっています。

尚、このメーカーの特徴?として保管時は立てて置く事ができます。

f:id:castlepeak37:20210130172929j:plain

相方曰く、狭いキッチンには良いよねという事です(若干皮肉を込められているかもしれませんが(笑))

また、立派なレシピ集も同梱されていました。
80ページもあり、なかなか楽しめました。

f:id:castlepeak37:20210130180922j:plain

実際に作ってみました

作り方は至って簡単。まずメーカーの電源を入れて余熱させ、余熱ランプが消えたらパンを置き、その上にお好みの具材をのせて、さらにその上にパンを置いて、蓋をしてロックして待つという流れです。ロックされたら自動的に加熱が始まります。

パンの厚さは6枚切りを推奨していますが、我が家は8枚切りを使っています。
焼く時間は2分半から3分程度。我が家は2分半にしています。

出来上がりはというと

f:id:castlepeak37:20210130173838j:plain

中はチェダーチーズとハム(これが記念すべき1枚目です)

f:id:castlepeak37:20210130173934j:plain

キャベツとたいめいけん監修のコロッケ

f:id:castlepeak37:20210130174015j:plain

キャベツとコンビーフのマヨネーズあえ

焼き具合などは

焼き具合についてはムラも無く良い感じで焼けています。
中もしっかり熱が通っています。
プレスされる強さも比較的ぎっしりしていて、本当にプレスしている感じがしました。
プレスのロックが何段階もあるので、パンの厚さや具材の量を柔軟に対応する事ができるのはメリットかもしれません。
そしてもう一つ良かったのが

パンの耳が食べやすい

でした。
非常にカリッとした感じで、この部分だけスナック菓子を食べている感じです(笑)
このカリカリ感、焼く時間を増やすにつれて増していく様で、3分にするとかなりのカリカリ感が出ました。この辺は好みかもしれませんが。

スマートスピーカーを使う事が多くなりました

ところで、このプレスサンドメーカーを使う事によってちょっとした変化が出てきました。それは

スマートスピーカーを使う頻度が増えた

です。

なぜかというと、このサンドメーカーには「タイマー機能」が無く、出来上がりを視覚や聴覚で確認する事ができないのです。
そこでスマートスピーカーのタイマー機能を利用する様になったのです。
我が家のキッチン(ダイニング)にはGoogle Nest Hubが置かれているので、メーカーをロックした時に
OK Google, タイマー2分30秒
とコール。

すると2分30秒後にアラームが鳴るので、再び
OK Google, 停止
とコール。
Nest Hubには私と相方二人の声を登録しているので、相方が開始のコールをして私が停止のコールをしてもちゃんと動作します。
こういう時に手を使わないで声で制御できるのは本当に便利です。まさにスマートスピーカーのメリットなのでしょう。
ただ「タイマー2分半」とコールして反応しないというのにはちょっとびっくりでした。ちゃんと数値で言ってあげないとダメな様ですね

良い買い物でした

このプレスサンドメーカー、朝食に楽しみを加えてくれた感じがします。
次は中に何を挟もうかとという事でコミュニケーションも増えました(笑)
そして食べやすいので、若干ですが時間の短縮にもつながりました。

まぁ、毎日ずっとこれという訳にはいかないと思いますが、ずっと大事に使って行きたいと思います。

 

  最後までお読みいただきありがとうございました。
---------
■はてなブログユーザーの方は読者登録できます
↓のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!

■はてなブックマークへは
↓こちらをクリックしていただけると喜びます!
このエントリーをはてなブックマークに追加
■twitterで更新情報や思った事などをつぶやいています
↓こちらをクリックしてフォローしてもらえると喜びます