日々の雑記帳

毎日の出来事をあれこれと

スマホの日本語入力



f:id:castlepeak37:20210312130726p:plain


初めてスマホを使い始めたのがiPhone 3Gで、確か2009年からと覚えています。
スマホとはなんだかんだで10年以上の付き合いとなるのですね。

 

その頃からちょっと悩んで(?)いるのが日本語入力なのです。
何がと言うと、フリック入力が大の苦手なのです。なのでずっとQWERTYのローマ字変換。使う指はほとんど右人差し指(笑)
たとえば同じ単語を入力するにしてもQWERTYだとすっと指が動きますが、フリックだとこの指どっちに動かすのだろうかと悩む事が多いです。

 

相方の入力を見ているとフリックでササっと。
簡単だよという声で何度も練習アプリを使ってチャレンジしてもどうも上手くなりません。子音のガイドが表示されているアプリを使っても同じです。たとえば同じ単語を入力するにしてもQWERTYだとすっと指が動きますが、フリックだとこの指どっちに動かすのだろうかと悩む事が多く、これでストレス溜まってしまいます。狭い画面でQWERTY使うのもストレス感じる事もありますが、それ以上です。

 

どうしてでしょう。
自分なりに振り返ってみると、タイプライター(もう死語なのでしょうかw)、日本語ワープロ、はたまたPCでずっとキーボードに馴染んでいました。そのせいかも知れませんが、QWERTYは表示されているアルファベットを見ながら押せば良いのに対して、フリックだと指を動かさないと何かがわからない。この「押す」動作と「動かす」動作がポイントになっているのではと思う様になってきました。あとは加齢による順応性の低下でしょうか(笑)。

 

今日の通勤時、横に座った人がスマホに何かを入力していました。チラ見したら右手人差し指を使ってQWERTYでした。
やっぱり仲間がいるんだなぁと思い、私もその横で右手人差し指でプチプチやっていましたw

最後までお読みいただきありがとうございました。
---------
■はてなブログユーザーの方は読者登録できます
↓のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!

■はてなブックマークへは
↓こちらをクリックしていただけると喜びます!
このエントリーをはてなブックマークに追加
■twitterで更新情報や思った事などをつぶやいています
↓こちらをクリックしてフォローしてもらえると喜びます