北緯43度からの雑記

いろいろな事の綴り書き

2022年の東京大賞典

今日の札幌、午前中はチラチラと雪模様。ただ積もる降り方ではなかったようです。
午後からは少し日差しもありました。

数日前からテレビを見ていると大井競馬場で行われる東京大賞典の広告をしばしば目にするようになりました。私と競馬となると最近はJRAの札幌開催の時や有馬記念などの大きなレースの時にちょこっと買う程度。お馬さんの名前や騎手の名前を見ても???状態。それでも東京大賞典の名前を聞くと食指が動くというのはかつて中央・地方問わずレースを追っかけていた身、そして個人的に一番面白いと思っているフルダートの2000m競走となるとこれは悲しい性だったりするのでしょうか(笑)

と、いう事で今年もご多分に漏れず(?)このレースに参加することにしました。実は昨年のこのレース、3着のウェスタールンドの複勝で勝負してちょっと気分を良くしたので、今年もそうなれば良いなと。

早速馬柱をみました。やはりJRA勢に重たい印がついていました。それは一度スルーして各馬のここ3戦の結果を見て気になったのが2番のノットゥルノ。やはり大井2000mの勝利があって、その時は重馬場。今日も良とは言えやや重からの回復馬場。結構得意の馬場かもしれません。そして鞍上の武騎手。東京大賞典はすでに5勝。非常に頼もしいです。更に言えば音無調教師の管理馬。騎手時代はミスラディカルでお世話になりました(関係ないかw)

そこで今年の東京大賞典はこの馬を本命。単勝と複勝で勝負しました(馬券はずっと単勝と複勝なので)。そして楽天競馬からスマホで購入(本当に便利な世の中になりました)、発送時刻となりBSフジで中継を見ました。

最初はちょっと前すぎるかなと、さらに中盤は2頭がペースを上げて後方集団から先頭に行った事もあって、余計な脚を使わなければと思いましたが、ここは本当に鞍上が上手く抑えて最後の直線に。案の上先行馬は徐々に後退、代わりにじわじわとこの馬の脚色が良くなってきましたが、勝ち馬のそれが上回り1馬身3/4差の2着となりました。

馬券は複勝で190円。単複中心に買っている身にすればこの190円(1.9倍)というのは結構美味しいです。本当に武騎手は上手く乗ってくれたと思っています。

と、いう事で昨年ほどではないですが今年も東京大賞典では良い思いをさせていただきました。

 

ところで、部屋を片付けていたら押し入れからこういうものが出てきました。

四位騎手(現調教師)のポスター、JRA制作です。イシノサンデーで皐月賞を勝った時の頃でしょう。若いですね(笑)この頃イシノサンデーで川崎記念に出走した時は川崎競馬場に足を運ばさせていただきました。本当に馬券ではお世話になりましたw